事業活動

技術力向上事業

NEXT道場で工場見学 実施 !!

ヒト型協働ロボットジーニー君 initiative_img06

後継者・経営幹部候補のための経営塾として始まったNEXT道場も、今年度で16回目を迎えました。現役の経営者、大学教授、コンサルタントなど幅広い専門家に講義をお願いしています。

 昨年度からNAZEでは「長岡ロボットイノベーションハブ」事業として「伴走型によるロボット導入支援」「ロボット人材育成」を事業の2本柱として実施しています。製造現場の現状について、次代を担うNEXT道場の塾生に実感してもらうため、今年度、初めて製造現場に関する実務的な講義として本カリキュラムを導入しました。

 まず、11/4(木)に「製造現場の現状と今後 ~ ロボット導入事例と活用の勘どころ ~」のテーマでケミコン長岡㈱の市原常務に講義をお願いしました。ロボット導入の背景、ロボットの種類、ロボット導入の実際と事例について実務的な内容の講義でした。

 翌11/5(金)には同社の工場見学をおこないました。『HUMAN&ROBOT CHALLENGE 人とロボットが織りなす、新たな挑戦。』をコンセプトとし、ロボット導入を前提とした製造現場のラインが設計されています。単純作業、3K作業はロボットがおこない、従業員にはヒトにしかできない作業をおこなう。ロボットのプログラミング、“ハンド”の部分の設計・製造は社内で対応するのはもちろん、「ロボットに材料を供給する仕組み」もできるだけシンプルな仕組みで作られていました。そして、狭い工場内の通路を自動運搬台車(すでに自律搬送ロボットを開発済)がゆっくりではありますが、進む姿は、近未来への思いも運んでくれるようでした。

 NEXT道場では、これからもタイムリーな内容で、知識と体験がともなうようなカリキュラムで、後継者・経営幹部候補育成を図っていくものです。

*ケミコン長岡㈱ https://www.chemi-con.co.jp/company/nagaoka/index.html

 

 

講義3 IMG_2882
工場見学2 IMG_2909
11/4(木)「製造現場の現状と今後」の講義をする市原常務
11/5(金)トレーニングルームで市原常務、島津塾長を囲んで
ヒト型協働ロボットジーニー君 initiative_img06 自動運搬台車 initiative_img10
ヒト型協働ロボットの「ジーニー」くんです
狭い通路をゆっくり移動 自動運搬台車

地元 小学生がNAZE会員企業の工場を見学!!

技能士・資格者掲示板 IMG_2183

9/28(火)、地元の小学生がNAZE会員の㈱鈴民精密工業所を工場見学で訪問しました。小学5年生の社会科では農業、漁業、工業といった産業の授業がおこなわれ、今回は「未来を作り出す工業生産」の学習の課外授業として実施されました。

教頭先生にお話しを伺ったところ、「動画を取り入れた授業を普段でも実施しているが、実際の工場の様子に触れて、子どもたちが食い入るように見て、大変喜んでいた」とことでした。「工場の製造過程で発生する「音」「熱」「におい」「ひかり」が子どもたちの五感を刺激し、生の迫力を感じとったのだろう」とのことでした。

一方、㈱鈴民精密工業所は、ご存知のようにアパレル業界(衣料品製造)刃物をはじめ、様々な精密加工品を主とした精密加工製造業です。『技術者集団』として、業務に関連した資格取得を積極的に奨励し、従業員規模100名程で、過去に黄綬褒章など文化勲章の受章者を2名排出するなど、その実績を残しています。

総務部長にお聞きしたところ、当社は今回の子どもたちの受け入れだけでなく、外部からの工場見学に対する依頼について柔軟に対応しているそうです。従業員も「見られている」ことで良い意味で緊張感を持ち、また身の回りの整理(5S)にもつながるといった効用もあるようです。

工場見学が終わった後の子ども達の感想は

「こんな近くに、こんなすごい会社があるのを知らなかった」

「熱処理の炎がすごかった」

「大きくなったら、就職したい」

などさまざまです。

このような授業は各学校の先生が直接、企業と連絡をとり、実施されているそうです。NAZE会員企業へも地元の小学校から依頼があるかも知れません。地元の企業を知り、ものづくりを身近に感じてもらい、将来、ものづくりに携わる人材に育ってもらうための良い機会かもしれません。

会社IMG_2174
緊張気味の子ども達
熱処理 IMG_2193
 熱処理工程の見学
技能士・資格者掲示板 IMG_2183
技能士・資格者掲示板の前で
鈴民精密工業所 工場見学P1070413 (002)
子ども達からのお礼の手紙

㈱鈴民精密工業所 → http://www.suzutami.com/

5Gを実感!!                  5G/ICTが創る 長岡の産業の未来           ~10/22合同部会・長岡ロボットイノベーションハブで紹介~

20211022合同部会5G

 

1.開催日時:10月22日(金)16:30~19:00(予定)

2.会場:  アオーレ長岡

3.内容:

(1)合同部会:(市民協働ルーム)

 

(2)5Gデモンストレーション:(市民交流ホールB・C)

5Gデモ1:協働ロボットの遠隔操作 ~遠隔操作で作業の危険性等を軽減~

(株)タワシテック 代表取締役 田中 晃

長岡高専に設置した協働ロボットをアオーレ長岡から遠隔で操作します。

事例紹介1: 筑波大学でのロボット研究について  Closer 代表 樋口翔太

事例紹介2: 伴走型によるロボット導入支援とロボット人材育成

長岡ロボットイノベーションハブ 代表 島津克吉

5Gデモ2:「市の魚」錦鯉の高精細映像配信 ~リモート商談の可能性を探る~

会場のリクエストに応じて、錦鯉の4K映像を水槽内外からライブ配信します。

株式会社錦鯉新潟ダイレクト・KDDI株式会社

5Gデモ3:触覚デバイスを用いた遠隔手術体験

遠隔手術体験シミュレーターを使って、5Gと4Gの遅延差を体験。

株式会社KDDI総合研究

 

(3)5G活用事例紹介 産業界における5Gを活用した取組:(市民交流ホールB・C)

5Gの活用事例をご紹介し、産業界における5Gの有効性についてご説明します。

KDDI株式会社経営戦略本部地方創生推進部

 

 

9/21(火) 協働ロボットの遠隔操作のリハーサルの風景 (Facebookより)

アオーレ長岡交流ホールBCに設置したロボットアームで高専のロボットアームを動かすことが出来ました。

 5G1  5G2  5G 3

 

 

 

 

令和2年度 第2回通常総会を開催

令和2年度 第2回通常総会

3月17日(水)、長岡グランドホテルにで77名の参加のもと、第2回通常総会を開催いたしました。

議案「令和3年度 事業計画・収支予算(案)」は満場一致で可決されましたことをご報告いたします。

 

1.開会あいさつ     会長 大井 尚敏

2.議 案

(1)「令和3年度 事業計画・収支予算(案)」に関する件

3.報告会

「長岡モノづくりエコシステムとアフリカを繋ぐリバースイノベーションによるアフリカと地方の課題解決」

      長岡工業高等専門学校 環境都市工学科

        教授 村上 祐貴 氏

4.第3回全日本ハンドスピナー大戦 表彰式

                  (チーム名)

・優 勝:福田交易株式会社      エビなーにゃ

・第2位:エヌ・エス・エス株式会社  アルファ

・第3位:小川コンベヤ株式会社    TEAM OGACON

【第2部:豪技2021認定証授与式】 (17:15~17:30)  4階 蒼柴の間     

    株式会社 アドテックエンジニアリング

    ・独自技術で世界最高速のスループットを実現

【第3部:会員交流会】 (17:30~18:30) 4階 蒼柴の間

報告会 村上教授 ハンドスピナー大戦 表彰式 豪技2021 認定証授与式