NAZEについて

会長あいさつ

過去から現在へ

長岡の工業は、明治中期の東山油田開発を契機として、原油の輸送・機械式掘削機の普及に伴う堀井機・石油発動機等の修理、メンテナンスによって成長してきました。また、大正に入ると一部の鉄工所で工作機械が製造され始め、これと並行して機械鋳物も生産されるようになりました。 戦後、鉄工業が発達し、工作機械の製造を中心に「モノづくりの長岡」のイメージが定着しました。

現在から未来へ

現在、長岡の「モノづくり」は、機械加工、鋳造業、メッキ・表面処理、鍛造業などの基盤産業技術をもった企業に加え、電気・電子機械や半導体などの企業が数多く集積しており、新潟県随一の「モノづくり技術」の総合的な機械工業群を形成し、あらゆるモノづくりに対応しています。

NAZEとは、「なぜ?」という未知の技術に取り組む姿勢を意味し、優れた技術と地域特性を活かし、産・学・官が連携しながら地場産業を活性化させようと平成17年4月に設立いたしました。

NAZEは、製造業だけでなく、大学や金融機関、情報系の企業などの会員が有機的かつ濃密に連携して活動しています。さらに行政や商工会議所などの支援機関がNAZEの取組みを後押しし、活動しやすい環境をつくり上げています。

また、NEXT道場や現場改善スクール等、モノづくり人材の育成に取り組んでいるほか、会員や長岡市内の企業の優れた技術や製品の中から、より卓越したものを「豪技」として認定し、積極的にPRするなど、様々な事業に取り組んでいます。

NAZEとしても、AIRテクノロジー(AI、IoT、Robotics)などの先進技術を活用したものづくり現場の生産性向上、人手不足対策に取り組むことで長岡版イノベーションの創出に貢献したいと考えています。

私たちは、長岡地域のモノづくり産業のイノベーション促進に向けた先導的役割を果たすため、企業間連携をはじめ各機関との連携・交流を一層活発化させ、「長岡ブランド」の発信と、「長岡モノづくり業界」の一層の活性化に努めてまいります。

大井尚敏会長_お写真

 

 

 

 

 

 

 

 

特定非営利活動法人

長岡産業活性化協会NAZE

 会長 大井 尚敏