NAZEについて

組織図・推進体制

組織図

組織図

推進体制

役職名 氏名 事業所名・役職名
会長 小西 統雄 (株)小西鍍金 技術顧問
副会長 大原 興人 (株)大原鉄工所 代表取締役社長
副会長 大井 尚敏 (株)オオイ 代表取締役
副会長 島津 克吉 (株)大菱計器製作所 代表取締役社長
幹事長 柴木 樹 (株)アルモ 代表取締役
副幹事長 岡部 恒夫 (株)丸栄機械製作所 代表取締役
理事 大石 耕一郎 長岡工業高等専門学校 地域共同テクノセンター長
理事 金澤 孝和 長岡造形大学 地域協創センター長
理事 桑原 美博 長岡電子(株) 代表取締役
理事 白杉 太一 長岡信用金庫 常務理事、営業推進部長
理事 高橋 大輔 (有)シンエー木型工業 代表取締役社長
理事 高橋 謙 (株)タカハシ 専務取締役
理事 永島 智之 (株)永島工機 代表取締役社長
理事 中町 圭介 エヌ・エス・エス(株) 専務取締役
理事 難波 博 (株)難波製作所 代表取締役
理事 原田 誠司 長岡大学 教授
理事 三上 喜貴 長岡技術科学大学 副学長、知的財産センター長
理事  柳 和久  個人会員
理事 山本 敦 (株)ネオス 代表取締役社長
理事 渡辺 豊 テラノ精工(株) 代表取締役
監事 遠藤 公一 (株)北越銀行 コンサルティング営業部長
監事 山口 知康 (株)大光銀行 地域産業支援部長

産業支援機関

部会活動

部会のやること

  1. 目指すところに向かうため、具体的な行動の企画立案を行う。
  2. 企画に基づき、行動した経過や結果を評価する。
  3. 行動の改善につなげていく。

部会の種類・目指すところ

1. 交流部会

信頼をキーとして顧客対応力を高めるための企業間連携や製造システムを構築。
技術をキーとしてイノベーションを創出するため、研究・教育機関との関係を再構築。

2. 技術部会

努力をキーとして高度化する顧客ニーズに対応するため、地域の技術力を強化。

3. 広報部会

情報をキーとして新たな顧客ニーズを呼び込むため、エリアプロモーションを強化。

部会の内容

1. 部会の目的・やることを説明し、共通認識を図る。
  • 部会は何をやるところなのかメンバー間で共通認識を図れるよう、ディスカッションを行う。
2. 推進体制を決める
No. 役職 人数 役割 備考
1 部会長 1 名 部会の総責任者
2 副部会長 2 名以下 部会の実務責任者として部会運営を統括推進する
3 幹事 数名 副部会長を補佐し、部会のスムーズな推進に務める
4 その他 各部会内で担当者を決める

  1. 部会進行役(司会)
  2. 役員会、全体会議の報告書
  3. 部会や事業活動の内容を記録係 etc
5 事務局  開催案内、会場の手配、資料作成の補助、記録の整理保管 etc.
3. これまで 2 年間の活動についてディスカッション
  • 改めてこれまでの活動の「良い点・改善点」などを評価する。
4. 平成 22年度の計画についてディスカッション
  • 現在、進行中の事業も含め、良い点・改善点などを評価する。

部会開催スケジュール(予定)

  • 概ね年 4 回程度を基本として、開催する。なお、開催日と回数は、各部会にまかせる。

7 月 部会の目的・やることをディスカッション、役員の選任他
9 月 これまで の活動をディスカッションし、大まかな方向と評価を行う
11 月 部会として目指す活動の方向と来年度の事業ポイントをディスカッション
2 月 来年度の計画と今年度の評価をディスカッション

部会のルール

  1. NAZEの会員は、必ず一つ以上の部会に所属して、積極的に事業活動に参加する。なお、会員に登録した代表者以外の社員が活動に参加することも可能です。
  2. 所属している部会以外にも、オブザーバーとして参加することが可能です。(必要に応じ、意見を述べることができます)
  3. 所属した部会の変更も随時可能です。
  4. 上記 2, 3 においては、資料等の準備や名簿等の修正がある為、事務局に連絡ください。
  5. 部会の活動の中で、所属しているメンバー以外からの意見や相談を希望する場合は、参加依頼の呼びかけを行い、お互いに情報を共有し、補っていくことができます。
  6. 各部会の開催案内および報告は、所属メンバー以外にも、メールやホームページ等で、全会員に周知します。また、全体会議等において、各部会から状況報告を行うこととします。あわせて、各部会の中でも、他の部会の状況を事務局より簡単に紹介し、情報を共有します。
  7. 会員がやりたいことを本音で話し合いながら、自らが企画・行動・評価・改善していく活動を行っていきます!